プラウトヴィレッジ

脳の機能を育て維持するジョギング

人間の活動の結果や人格は、脳の状態と関係がある。人間は生まれてから20歳までの成長期間と、20歳から亡くなるまでの老化の期間があり、このどちらの期間も瞑想に加えてジョギングすることが脳と体の健康に良い。どちらも前頭前野(ぜんとうぜんや)が活性化される。
image33

brain

前頭前野は、考える、記憶する、アイデアを出す、自制心、判断する、応用する、などを担う部分で、人間の活動と精神面の質を決める。前頭前野が衰えると、もの忘れが増え、考える力が弱まり、キレたり、感情的になったり、やる気の低下などにつながる。

運動の習慣がない人は、早くて20歳から脳の老化が始まる。理由は、胸の骨格の大きさが20歳ごろに最大になり、運動習慣がない人はそれ以上骨格が大きくならないため、最大酸素摂取量が20歳頃をピークに下降の一途をたどる。すると脳への酸素の量も減り、脳が萎縮し、認知症などになる。これを予防するには週5日ほど1日30分のジョギングすることが良い。またこういった理由からも、子供がジョギングをして胸の骨格を大きくすることは脳と体の成長に良い。
image36

またテレビやスマホなどで動画を見ているときは、この前頭前野の活動が明らかに弱くなっている研究結果も出ている。脳は情報を入力し、会話などで出力する間に、整理する時間が必要で、その時間に動画などを見ると脳が疲労する。こういったことから、子供も大人もぼーっとする時間が必要ということでもある。また母親が小さな子を静かにさせておくために、スマホで動画を見せておくことがあるが、これも前頭前野の成長を止めていることになり、子供の脳と人格面の成長に大きな悪影響を及ぼしていることになる。

まとめると、プラウトヴィレッジでは子供から年配まで脳と体の成長と健康維持のため、毎日朝と夜の瞑想15分ずつ、1日30分のジョギングを週5日、昼寝30分を推奨する。午前中に集中して取り組めば脳も疲れてくるので、昼寝をしてリセットすると午後も集中して活動できる。

宇宙の起源

星と生命の誕生過程

星と生命の誕生過程は科学的に完全に解明されたわけではないが、次は様々な研究結果からの仮説。

宇宙空間は完全な真空状態ではなく、星々の間には所々に、固体微粒子とガスでできた星間雲(せいかんうん)が存在する。 星間雲の中で最も密度が高い領域を星間分子雲(せいかんぶんしうん)と呼ぶ。ここでは水素分子が圧倒的に多く、次いで一酸化炭素、水、アンモニア、ホルムアルデヒド、シアン化水素の順で多く、有機物が含まれている。この領域は星の形成が活発な場所としても知られている。太陽のような自ら光を発する恒星(こうせい)が、その一生を終えるときに大規模な爆発現象の超新星(ちょうしんせい)が起こり、その衝撃波が星間分子雲にぶつかり、それに押されて密度の濃い領域ができ、そこから新たな星が生まれる。

こういった星は星間分子雲のガス雲から誕生する。アミノ酸など、生命の材料となる複雑な有機分子が、星間分子雲の電波観測から見つかっている。この有機物を含んだ隕石が地球に降り注ぎ、最初の生命の材料となる。それが海で進化して原始細胞となり、さらに進化して共通祖先である単細胞となる。共通祖先から進化したオウムガイや植物、果物に黄金比の渦模様や円環面が見られることから、共通祖先の単細胞も、それより以前の原始細胞や有機物も、存在Xによって設計されたものという結論。

隕石は他の星にも落ちるので、その星でも生命が進化している可能性がある。宇宙の全てを設計したのが存在Xという結論だったので、そのようにして星も生命も自動的に誕生するように設計されている。そして原始細胞が進化し、やがて人間が生まれた星に存在Xが現れて文化を与え、文明化させるという流れ。

プラウトヴィレッジ

プラスチックゴミの処理

(中略)
そして回収したペットボトルなどプラスチックは細菌によって分解する。この細菌は「イデオネラ・サカイエンシス201-F6株」と名付けられ、大阪府堺市のリサイクル工場で見つかり、ペットボトルなどに使われるポリエチレンテレフタレート(PET)を分解して栄養源としている。現時点では厚さ0.2ミリのPETを、約1カ月で二酸化炭素と水にまで分解するとされている。プラウトヴィレッジが広がりプラスチックゴミが新たに生み出されなければ、時間がかかっても世界中で分解してゼロにすることができる。

宇宙の起源

生物の進化

■紀元前10億年頃

菌類の系統と動物(後正動物)の系統が分岐。動物の系統で最初にカイメン(海綿動物)とそれ以外の真正後生動物とが分岐する。カイメン(海綿動物)は熱帯の海を中心に世界中のあらゆる海に生息する。

 

真正後生動物(しんせいこうせいどうぶつ)のナメクジウオ。

ナメクジウオ

 

次いで、真正後生動物の系統でクラゲ、イソギンチャク、ヒドラなどの二胚葉動物と、主要な動物のグループである三胚葉動物とが分岐する。

●●●●●●●
参考文献

■紀元前6億8000年頃

三胚葉動物は新口動物と旧口動物のグループに分かれる。旧口動物は、節足動物や線形動物を含む脱皮動物のグループと軟体動物や扁形動物を含む冠輪動物のグループに大きく分かれる。新口動物の方は、ウニ、ナメクジウオ、ホヤを経て、脊椎動物が出現する。18-zu01

 

●●●●●●●
参考文献

 


■紀元前5億4200万年頃

カンブリア爆発

新しい遺伝子を作ることなく、すでに単細胞の時代に作ってあった遺伝子を再利用しておきたとされ、多細胞動物が爆発的に出現した。これより前の動物は小さく化石として残りにくく、また発見されにくい。この時期の前に急速に大型化して化石として残るようになった。

17_zu05

●●●●●●●
参考文献

分子からみた生物進化 DNAが明かす生物の歴史 / 宮田 隆
宮田隆の進化の話(図のみ)


■紀元前5億年頃

脊椎動物の系統では、メクラウナギやツメウナギの無顎類(むがくるい)と顎(あご)のある有顎類に分かれる。有顎類は魚類や四足(しそく)動物。

●●●●●●●
参考文献

■紀元前4億年頃

有顎類の系統では、魚から四足(しそく)動物が進化する。両生類・爬虫類・哺乳類・鳥類をいう。鳥類では前肢は翼に変化。

●●●●●●●
参考文献