宇宙の起源

北欧文化の由来

スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランドの国々に住んでいたスカンディナヴィアの北欧神話は、エッダという二冊の書物におさめられている。古い方は1056年までのことを、後の方は1640年までのことが書いてある。

エッダの創世神話は次のようになっている。昔は上に天もなければ下に土地もなく、ただ底なしの大洋と、霧のような世界があるばかりで、その世界の中には一つの池があふれていた。霧の世界の南方には光の世界があった。空に水蒸気が起こって雲ができると、その雲からユミルと呼ぶ霜(しも)の巨人およびその一族と、牝牛(めうし)のアウズンブラが生まれた。アウズンブラから生まれた人間の姿をした神は、巨人族の娘を妻にして、オーディン、ヴィリ、ヴェーという三人の兄弟を作った。

無(一なるもの)から神が生まれることや巨人という共通点から、北欧神話も御子によって与えられた神話という結論。ここに登場したオーディン(Odin)は北欧神話の主神にして戦争と死の神で、一時はWodenと綴(つづ)ったことがあり、水曜日(Wednesday)すなわち一週の4日目の語源となっている。そしてオーディンの最初の子の雷神トール(Thor)は、木曜日(Thursday)の語源。

オーディンは北欧の古文字のルーン文字を発明したとされる。つまりこれも御子由来ということ。ルーン文字はスカンディナヴィアでは1500年頃まで用いられた。

 

ゲルマン語派はインド・ヨーロッパ語族のうちの一語派。次の上側の文字がルーン文字で、下側はゲルマン語派。両方に共通した字形。
Oldrune

このように北欧に文化を与えたのも御子という結論。

宇宙の起源

ギリシャ神話でも相撲の記述が見られる

神ヘルメスは商業と角力(“すもう”=相撲)およびすべての力技(ちからわざ)にわたっていたので、盗賊の守護神とさえされていた。ヘルメスは2匹の蛇の杖カドゥケウスを持っていて御子という結論だった。他にも地の神テラの息子のアンタイオスは巨人でかつ力士であった。彼は自分の国に来るほどの旅人たちを強(し)いて自分と角力(相撲)を取らせ、打ち負けたら殺されるという条件だった。