宇宙の起源

神話に見られる綱引きの意味

日本の一般的な綱引きとは、2つのチームが1本の綱を引きあって勝敗を決めるもの。その歴史は日本では1500年頃より見られ、神事や占いとして正月などに行われてきた。この場合、藁(わら)やカヤを使った縄を使用した。しめ縄も藁(わら)などを使用し、それはニンギシュジッダの象徴でもあった。


つまり綱引きとはニンギシュジッダを表す蛇を引きあっている構図ということ。この神事の意味はヒンドゥー教に見出せる。ヒンドゥー教のマハーバーラタなどの天地創造神話に、乳海攪拌(にゅうかいかくはん)という話がある。要約は次の通り。「ヴィシュヌは多種多様の植物や種を乳海に入れ、次に化身巨大亀クールマとなって海に入り、その背に大マンダラ山を乗せた。この山に竜王ヴァースキを絡ませて、神々はヴァースキの尾を、アスラはヴァースキの頭を持ち、互いに引っ張りあうことで山を回転させると、海がかき混ぜられた。攪拌(かくはん)は1000年間続き、乳海からは太陽、月、象、馬、女神など様々なものが生まれた。」

神々が引っ張り合ったのは蛇の姿のヴァースキ。ヴァースキは、インド神話に登場する蛇神の諸王ナーガラージャでもあり、ナーガラージャは2匹の蛇が絡み合った姿。つまり日本のしめ縄、綱引きの綱と同じ。つまり綱引きが表しているのは天地創造(ビッグバン)で、ニンギシュジッダ由来の行事。


宇宙の起源

五行思想、四大元素、自然の循環システム

ホピ族の神話ではトクペラ(無限宇宙)がソツクナング(ニンギシュジッダ)を創造し、ソツクナングはトクペラの指示通りに宇宙を秩序正しく整え、水、風、生命を作った。類似の宇宙創生の話は各宗教でも見られる。

例えば西アフリカのフラニ族の神話では、始まりのとき巨体な一滴の乳だけがあり、それから創造神ドゥーンダリがやってきて、石を作り出した。石は鉄を作り、鉄は火を作った。火は水を作り、水は空気を作ったとある。マヤ文明のククルカン(グクマッツ)は四元素、即ち火・水・大地・空気(風)を司る。西洋の四大元素説では、この世界の物質は、火・空気(風)・水・土の4つの元素から構成される。古代インドやチベット仏教に出てくる聖なる須弥山(しゅみせん)は、物質を構成する四大元素の地・水・火・風でできた円盤上にそびえ立つ巨大な山とされる。中国の五行思想で万物は、火・水・木・金・土の5種類の元素からなる。これらをまとめると次のようになる。

火・水・空気・鉄・石  (西アフリカ)
火・水・空気(風)・大地  (マヤ文明)
火・水・空気(風)・土   (西洋)
火・水・風・地     (チベット仏教)
火・水・木・土・金   (中国の五行思想)

西アフリカの創造神ドゥーンダリやマヤ文明のククルカン(グクマッツ)は、ニンギシュジッダと同一という結論だった。つまり火・水・空気(風)・土、そして五行思想や四大元素は全てニンギシュジッダによって作られた。また中国の五行思想では、5種類の元素は「互いに影響を与え合い、その生滅盛衰によって天地万物が変化し、循環する」と考える。西アフリカのフラニ族でも、元素が互いに影響を与え合う記述が見られた。つまり宇宙や自然の完璧な循環システムや栄枯盛衰(えいこせいすい)も、ニンギシュジッダが生み出した仕組みということ。

宇宙の起源

しめ飾りと世界に見られるシンボルの共通点

日本の正月のしめ飾りに使われるしめ縄は、2匹の蛇が絡み合ったニンギシュジッダのシンボルという結論だった。しめ縄から垂れ下がる藁(わら)は雨を表し、これらもニンギシュジッダのシンボル。

しめ縄2

白いジグザグの紙垂(しで)はニンギシュジッダの雷のシンボルを表し、トルコのギョベクリ・テペなどでもジグザグのシンボルが見られた。

しめ縄を丸く結び、その上部左右に藁(わら)が横たわっているしめ飾りの形は、他国の宗教でもシンボルとして見られる。

バビロニアの女神の手に、輪と2本のヒモのシンボル。

エジプトのウラエウスの右隣に、輪と2本のヒモのシンボル。

古代ペルシアのゾロアスター教の主神アフラ・アズダーも、王権の象徴の笏(しゃく)と丸い輪に2本のヒモがついた王冠を持っている。つまりしめ飾りの形はニンギシュジッダのシンボル。

日本のしめ飾りの場合、2匹の蛇が絡み合いながら輪を作っていることになる。さらに1匹の蛇や竜が輪を作り、自分の尻尾を加えているウロボロスという図も他国で見られる。エジプトのツタンカーメンの石棺には、1匹の蛇が自分の尻尾をくわえるウロボロスが見られる。

ヒンドゥー教での自分の尾をくわえる竜(もしくは蛇)。ここに見られる亀や像もニンギシュジッダのシンボルという結論だった。
lead_deskew=0 checksum=2e0f339cc42d8ab0fcbb3871de675d79

メキシコのソチカルコ遺跡の神殿にも、ケツァルコアトルのウロボロスが見られる。ケツァルコアトルは羽毛の生えた竜で、これもニンギシュジッダという結論だった。

宇宙の起源

インドネシアのセウ寺院、プランバナン寺院群

インドネシアのジャワ島にあるヒンドゥー教のセウ寺院(700年代後期)やプランバナン寺院群(890年頃)は、上空から見ると曼荼羅(マンダラ)の配置となっている。つまりこの寺院全体が「一なるもの」を表したデザインということ。

セウ寺院。 

 プランバナン寺院群。