プラウトヴィレッジ

コロナウイルスの解決策とお金のない社会

2020年に世界中で広まったコロナウイルスでは、感染を防ぐため自宅待機が求められた。しかし収入を得続けなければならないため、仕事を休めない人もいた。プラウトヴィレッジでは自宅や周辺で食物を育てているので食べるものに困らず、家賃を支払う必要もないので、ワクチンができ、感染者がいなくなるまで自宅待機することできる。また感染者用のベッドの確保も、例えば通常は海から内陸10kmは住居を建てないことが前提なので、一時的にそこに住居を建て、使用することもできる。マスクや必要品も、3Dプリンタで各地のプラウトヴィレッジが協力して作れば、物資に困ることがない。学生の勉強の遅れの問題も、そもそもプラウトヴィレッジには指導カリキュラム、学歴、就職という概念がなく、勉強は学び方を学んで独自にしていくことが前提となっている。そのため勉強の遅れという概念もない。