宇宙の起源

円墳、八角墳、六角墳とシンボル

円墳も古墳時代に作られている。

円や二重丸もニンギシュジッダのシンボルとして、エジプトの装飾品などで見られた。

同時代、八角形の八角墳(はっかくふん)も作られている。

八角形のシンボルも、紀元前1120年頃のバビロニアの石の左上に星の形で見られた。

数は少ないながら六角墳も作られている。

六角形のシンボルは、インドのインダス文明の出土品に見られる。各地の女神が両手で蛇などを持つポーズが、次のインドの出土品にも見られる。その上下に六芒星とゾウが彫刻されていて、六角形、六芒星もニンギシュジッダのシンボルということ。

このように日本の古墳は、ニンギシュジッダのシンボルで作られている。他にも帆立貝式(ほたてがいしき)古墳、双円墳(そうえんふん)、双方中円墳、双方中方墳なども見られる。これらも今まで見てきたシンボルの組み合わせで作られている。

720年に編纂された日本書紀では、奈良県の箸墓(はしはか)古墳について、「この墓は、昼は人が造り、夜は神が造った(是人者、日也人作、夜也神作)」とある。つまりこの神とはニンギシュジッダを指す。この話も作り話で、日本書紀自体もニンギシュジッダ作ということは後述している。


 

宇宙の起源

鏡、神鏡、銅鏡が表すものは「一なるもの」

■720年

日本書紀

日本に伝存する最古の正史(せいし)で、六国史(りっこくし)の第一にあたる日本書紀が完成する。

日本書紀での創成神話では「一なるもの」を鶏(にわとり)の卵のような混沌と表していた。その時天地の中に一つの神、国常立尊(くにのとこたちのみこと)が生まれる。他国の創成神話との類似から、日本書紀もニンギシュジッダ作という結論だった。

この日本書紀では八咫鏡(やたのかがみ)が登場する。これは天孫降臨(てんそんこうりん)の際、天照大御神(あまてらすおおみかみ)から邇邇芸命(ににぎのみこと)に授けられ、この鏡を天照大御神自身だと思って祀るようにとの神勅(しんちょく)が下されたとある。これは宝鏡奉斎(ほうきょうほうさい)の神勅と呼ばれている。そして八咫鏡(やたのかがみ)は神宮と皇居で保管され、皇居のものは神宮の物の複製とされている。こういったこともあり、日本の神社や神棚でも神鏡として祀るなど鏡を神聖なものとして扱ってきた。

一般公開されず誰も見たことのない八咫鏡(やたのかがみ)は、銅鏡と同じようなデザインで考えられている。中国や日本の銅鏡にはジグザグ模様や黄金比の渦模様が見られ、ニンギシュジッダによって作られたという結論だった。次の銅鏡は方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)と呼ばれ、T字のデザインが4つ見られる。これは曼荼羅(マンダラ)と同じデザイン。曼荼羅は「一なるもの」を表したものという結論だった。つまり銅鏡もニンギシュジッダのシンボルでデザインされた「一なるもの」を表した鏡ということ。そして鏡自体が「一なるもの」を表している。日本書紀で天照大御神(あまてらすおおみかみ)が、「この鏡を天照大御神自身だと思って祀るように」と言った記述も、天照大御神が「一なるもの」を表したシンボル的存在だからというのが結論。

次の前漢の1世紀の時代の方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)には、鏡架(きょうか)という鏡を置く台があり、神社の神鏡と似たデザインとなっている。このように天照大御神、八咫鏡(やたのかがみ)、神鏡、銅鏡、鏡架(きょうか)、鏡は、「一なるもの」を表しているという結論で、そしてこれらも日本書紀もニンギシュジッダ作ということ。