宇宙の起源

好まれる性質と「一なるもの」

・うるさいより、物静かな人物。
・文句が多くすぐあきらめる人より、寡黙で文句も言わず忍耐力のある人物。
・心が狭い人より、広く寛大な人物。
・邪気のある人より、無邪気な人物。
・怒る人より、怒らない人物。
・物事の表面しか見ない人より、奥深く本質的な部分を見ている人物。
・やりすぎる人より、節度のある人物。
・知恵や知識に乏しい人より、知恵や知識がある人物。
・技術力が低い人より、高い技術で表現できる人物。
・独占する人より、広く分け合う人物。

これらの例は人に好まれる要素だが、無心の状態と関係している。つまり無である「一なるもの」の状態にある、もしくは「一なるもの」の状態に長くとどまったが故に得られた状態と言える。だから本質的に良く、好まれる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中