宇宙の起源

生命活動の痕跡

■紀元前37億年頃

オーストラリアの研究チームは、グリーンランド南西部で発見された37億年前のストロマトライトを含む岩石から、37億年前の生命活動の痕跡が見つかったと発表した。次の左の画像は、グリーンランド西部イスアの岩の中から発見された37億年前の生命活動の痕跡とみられる構造(中央にある三角形)。

ストロマトライトは、ある種のバクテリアなどの微生物が堆積物を層状に積み重ねることで形成される。この層は長い年月を経て岩石となる。今回見つかった岩石自体は生物ではないが、岩石を作った非常に単純な単細胞生物が存在したことを示している。

研究を率いた豪ウロンゴング大学のアレン・ナットマン氏は、地球が45億年前に形成されてから比較的すぐに生命が誕生したことを、これらの化石は示していると語っている。

●●●●●●●
参考文献
最古の生命活動の跡発見 37億年前、グリーンランド
地球最古の化石、グリーンランドで発見 37億年前の微生物

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中