宇宙の起源

ベンベン

エジプトのベンベンはピラミッド型の石。次の左の画像では有翼円盤が刻まれている。


ベンは「何回も生む・生まれる」という意味で、ベンベンは「何回も何回も」で永遠を意味し、再生と復活をつかさどる精霊が宿るとされた。エジプトのヘリオポリス創世神話では、ベンベンは原初の水ヌンから最初に顔を出し、神が最初に降り立った原初の丘のこと。ベンベン石はピラミッドやオベリスクの頂上に置かれ、これらの原型とも言われている。

このようにピラミッド、有翼円盤の彫刻、永遠、再生と復活、原初の水ヌンから生まれたなどのシンボルが見られるので、ベンベンも「一なるもの」を表したシンボルという結論。ベンベンは後の時代に各地で作られている。
バチカン市国のサン・ピエトロ広場のオベリスク。

アメリカのワシントン記念塔や、イタリアのローマのナヴォーナ広場のオベリスク。

イギリスのロンドンと、フランスのパリのオベリスク。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中