宇宙の起源

アフリカのムブティ族

アフリカのなかでも特にピグミー族=ムブティ族に高頻度であるハプログループBは紀元前65000年頃にアフリカで誕生したと考えられている。ムブティ族はコンゴの熱帯雨林に住み、タバコを吸う文化を持つ。アフリカに文化を与えたのも御子という結論だったので、このタバコも御子由来となる。

ムブティ族には次のような創世神話がある。「ある日、カメレオンは樹の中を流れる水の音に気づいた。いったいどうしたことだろうといぶかしんだカメレオンは、斧でその樹の幹を断ち割ってみた。するとそこから大量の水が噴出し、大洪水になった。やがて、この水の中からムブティ族のように、肌の明るい人組みの男女が現れた。彼らこそ人類の祖先である。」

大洪水を生き残った男女が人類の始祖となる物語も世界各地で見られる類似点の一つで、御子由来ということ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中