宇宙の起源

9、ドルメン

箱型に並べた石を柱とし、その上に天井石を置く形をドルメン(支石墓)という。なかには絶妙なバランスで巨石が置かれたものもあり、これもアフリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、南北アメリカの各大陸で見られる。つまり御子によるもの。

イギリスのストーンヘンジもドルメンと同じ積み方。また部分的に切込み接(は)ぎの石積みのように、上に乗る石が下の石に合わせて形を整えている部分がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中