宇宙の起源

宇宙の形

宇宙にある様々なものに黄金比が見られ、それは宇宙共通のデザインパターンという結論だった。よって宇宙そのものの形にも黄金比が見られる可能性が出てくる。宇宙の形として考えられるのが、ドーナツ形の円環面(えんかんめん)。これを真上から見ると、黄金比の渦模様で流れが上昇してくる。

理由は次の通り。まず、台風を真上から見た時に渦は黄金比になっていた。

その台風を横から見ると、風の流れは下から渦を巻いて中心部分を上昇し、頂上で外に広がる円環面の形となる。

img-detail-05

台風と同じ流れを示すのが地球、木星、太陽などに生じる磁場(じば)。これもドーナツ型の円環面(えんかんめん)の形となっている。

磁石に必ずN極とS極が一対(いっつい)で存在するように、巨大な磁石である地球にも2つの磁極がある。北半球に北磁極、南半球に南磁極。この磁場の流れは、磁石と砂鉄(さてつ)でも見られる。
磁石

古代中国の「易経(えききょう)」の著者は伏羲(ふっき)とされ、それはニンギシュジッダという結論だったが、そこでは、万物の根源である太極(たいきょく)から陰陽の二元が生じたとある。陰陽とは正と負、プラスとマイナスであり、磁石と同じく両極で一対(いっつい)のこと。つまり円環面(えんかんめん)は二極があるため成り立つ形で、ビッグバンの瞬間に宇宙は円環面の形で誕生した。

そして水、酸素、鉄、カルシウム、人間、地球など、この宇宙にあるすべての物質は、原子というこれ以上分けられない小さな粒が集まってできている。原子は正の電荷(でんか)を帯びた原子核(げんしかく)と、負の電荷を帯びた電子から構成されている。宇宙空間は完全な真空状態ではなく、全体にわずかながら星間物質と呼ばれる希薄物質が漂っている。例えば宇宙空間に漂う水素やヘリウムを主体とした星間ガスなど。これらも原子でできている。つまりその原子で溢れている宇宙も正と負の電荷でできている。

次の左の図は原子。真ん中にあるプラスの赤い丸と緑の丸が原子核。そのまわりにあるマイナスの黄色い丸が電子。右の図は現在のヘリウム原子のモデル。電子が黒い雲状に描かれている。

このように宇宙のあらゆる物質は正と負の電荷を持つ原子でできており、加えて円環面(えんかんめん)と黄金比という共通デザインで設計されている。こういった理由から、宇宙そのものもドーナツ型の円環面(えんかんめん)の形をしているという結論。

では宇宙を同じ方向に向かって進んでいけば、いつか円環面の壁に衝突するのかと言えば、それは起こらないと考えられる。黄金比は始まりも終わりもない渦模様を描いているが、それは「一なるもの」である「無」と同じ真理。台風や地球の磁場の流れが円環面の形で循環して始まりも終わりもないように、宇宙にも端(はし)がなく、空間は曲がっていて、一直線に進んでいても徐々に空間の湾曲(わんきょく)に沿って一周し、運がよければ再び地球に戻ってくる。

そして宇宙の膨張も円環面ごと膨張している。膨張している理由も、「一なるもの」がビッグバンによって天地を作るという創造自体が「一なるもの」の目的であり、よって膨張(創造)し続けているという結論。これまで見てきたシンボルや真理から宇宙の形を考えると、こういう結論となる。

N極とS極は止まることなく循環している。仏教用語の諸行無常(しょぎょうむじょう)は、この世の現実存在(森羅万象)はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。また盛者必衰(じょうしゃひっすい)のことわりとは、この世は無常であり、勢いの盛んな者もついには衰え滅びるということ。仏教もニンギシュジッダ作だが万物が止まらず流動する理由も、この宇宙がN極とS極、陰陽、正負、プラスとマイナスからできていて、二極を止まることなく巡るからであり、それがこの宇宙の真理となっている。

またこの円環面は、果物や野菜の断面にも見られる。よって果物や野菜も宇宙共通のデザインパターンに沿って、ニンギシュジッダによって設計されたという結論。

またこの物質的な宇宙と法則を作るということは、現世と関係した人間の死後の世界、つまり霊的な世界もニンギシュジッダが作ったということになる。

●●●●●●●
参考文献
スライヴ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中