宇宙の起源

曜日の由来

平安時代初頭に空海が日本に宿曜経(すくようきょう)をもたらし、曜日が知られるようになったとされている。曜日は中国の太陽(日)と月の陰陽思想と、万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなるという五行思想(ごぎょうしそう)を組み合わせた陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)で表されている。

太極から陰陽、陰陽から五行思想が生まれ、これらはビッグバンと宇宙創生を表したニンギシュジッダ由来の思想という結論だった。そして空海もニンギシュジッダという結論だった。つまり月曜日から日曜日までの曜日を日本人に与えたのもニンギシュジッダということ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中