宇宙の起源

ヒンドゥー教の神話では原初の大洋。

原初の大洋の上にヴィシュヌが巨大な体をアナンタという大蛇の上に横たえ眠っている。だがこの時、やがて創造される世界はすでにヴィシュヌによって夢想され、かれの内部にすっかり出来上がっている。ヴィシュヌのへそから蓮の花が伸びてそこに創造神ブラフマーが生まれ、ブラフマーの額から破壊神シヴァが生まれた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中