宇宙の起源

日本刀の由来

古事記に出てくる次の八神(はっしん)は、刀剣(とうけん)製作の順序を述べたもの。鉄鋼を火で焼いて、これを鍛え、出来た刀剣(とうけん)を谷間の霊水に淬(にら)ぐさまを表現している。つまり日本刀の作り方もニンギシュジッダ由来。

 

剣先についた血から三神
石折神(いはさくのかみ)
根拆神(ねさくのかみ)
石筒之男神(いはつつのをのかみ)

剣の根元についた血から三神
甕速日神(みかはやひのかみ)
樋速日神(ひはやひのかみ)
建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)

剣の柄の血から二神
闇淤加美神(くらおかみのかみ)
闇御津羽神(くらみつはのかみ)

●●●●●●●
参考文献
古事記(岩波文庫) – 倉野 憲司

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中