プラウトヴィレッジ

南海トラフ地震の発生頻度

次の図のように南海トラフ地震は、南海(A、B)・東南海(C、D)・東海地震(E)の震源域に分けられている。1280px-RuptureAreasNankaiMegathrust のコピー

この南海トラフ地震は684年から1361年までは、約200〜260年周期で起こっていたが、その後は90〜150年の周期となっている。

684年、白鳳(はくほう)地震、M8
887年、仁和(にんな)地震、M8、(前回より203年後)
1096/1099年、永長(えいちょう)・康和(こうわ)地震、M8、(前回より209年後)
1361年、正平(康安)地震、M8、(前回より265年後)
1498年、明応(めいおう)地震、M8.2、(前回より137年後)

1-7-2zu

東海地震は1854年の地震からすでに160年以上起きていないので、いつでも起こる可能性がある。南海と東南海の地震は、前回の地震から推測すると90年後の2035年から可能性が高くなる。ただその前に東海地震が起き、それに連動して南海と東南海も起こる可能性もある。

 

日本は100年の周期で巨大地震が起こる国であり、その間にもたくさんの地震が起こる。それを前提とした街づくりをしなければならない。

“南海トラフ地震の発生頻度” への 1 件のフィードバック

  1. これって昔の記述であり
    現状での指針になるんですか?
    1国だけみればそんな感じで済むでしょう
    地球全体でのバランスは見ているのでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中