宇宙の起源

古事記の高天原とは「一なるもの」をさす。島国日本を作ったのもニンギシュジッダ。

万葉集の撰者(せんじゃ)は太安万侶(おおのやすまろ)で、万葉集、日本書紀、古事記の全部に関わっているとされる。古事記は712年に40代の天武天皇の命令で、太安万侶(おおのやすまろ)がまとめたもので、33代の推古天皇までの話が収められている。つまり太安万侶(おおのやすまろ)は実在せず、古事記もニンギシュジッダによる作り話という結論。

また古事記の上巻には天地開闢(てんちかいびゃく)について、原文で次のように記されている。「天地初發之時。於高天原成神名。天之御中主神。次高御產巢日神。次神產巢日神。」これの現代訳は「天と地が初めて現れた時に、高天原(たかあまはら)に成った神の名は、天之御中主(あめのみなかぬし)の神、次に高御産巣日(たかみむすび)の神、次に神産巣日(かみむすび)の神」。

高天原(たかあまはら)とは、天と地の始めに神々が生まれ出る場所としてその名が登場する。つまり天地が現れた時から存在し、神が生まれ出てくる高天原(たかあまはら)とは「一なるもの」のことで、これも他国の創世神話と同じパターン。こういった側面から古事記も実際にあった話ではなく、ニンギシュジッダによる作り話という結論。

 

また古事記ではイザナギとイザナミの国生みの記述があり、天の橋に立ち、矛(ほこ)で混沌をかき混ぜ島をつくる。初めに生んだのが淡路島、次に生んだのが四国、三番目に生んだのが隠岐(おき)、そして九州、壱岐(いき)、対馬(つしま)、佐渡(さど)と生み、ついに本州を生む。この八つの島を大八島国(おおやしまぐに)といい、日本国の異称。
20150404210558166
つまり島国日本を作ったのもニンギシュジッダという結論。また日本各地にはダイダラボッチ、オオヒト、アマンチュウなど巨人伝説があり、山、川、湖を作ったこの存在もニンギシュジッダという結論だった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中