宇宙の起源

日本書紀や続日本紀(しょくにほんぎ)に登場する藤原氏について

ここまでの結論から、日本書紀に登場する藤原氏の始祖の中臣鎌足(なかとみのかまたり、後の藤原 鎌足”ふじわらのかまたり”)や、日本書紀や続日本紀(しょくにほんぎ)に登場する藤原不比等(ふじわらのふひと)から、日本後紀(こうき)に登場する藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)や藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)までも実在しなかった架空の人物で、歴史も作り話という結論になる。藤原鎌足は669年没、藤原不比等は720年没、藤原緒嗣は843年没、藤原冬嗣は826年没。

日本書紀     神代から持統天皇まで      - 697年
続日本紀     文武天皇から桓武天皇まで 697年 – 791年
日本後紀     桓武天皇から淳和天皇まで 792年 – 833年
(ここからが実在の可能性)
続日本後紀    仁明天皇の代        833年 – 850年
日本文徳天皇実録 文徳天皇の代        850年 – 858年
日本三代実録   清和天皇から光孝天皇まで  858年 – 887年

 

現時点ではこの後の人物のどこかから実在した可能性が考えられ、それが鎌倉時代に藤原氏嫡流(ちゃくりゅう)の五摂家(ごせっけ)、近衛家(このえけ)・九条家・二条家・一条家・鷹司家(たかつかさけ)へつながると考えられる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中