宇宙の起源

トルクメニスタンのマルグシュの遺跡に見られる2匹の蛇と黄金比の建築

トルクメニスタンのマルグシュの遺跡にあるトゴロク21号神殿も、2つの黄金比で設計されているのでニンギシュジッダ作。

マルグシュの遺跡トゴロク21号神殿(前3-2千年紀中頃)1

次の2つの画像では矢印部分の線に見られるように、お互いの黄金比の線に重なり合っている。そのサイズで内と外の神殿の大きさが設計されている。

マルグシュの遺跡トゴロク21号神殿(前3-2千年紀中頃)2

マルグシュの遺跡トゴロク21号神殿(前3-2千年紀中頃)3

 

このマルグジュ遺跡からは、二匹の蛇が刻まれた出土品も見つかっている。
マルグジュ遺跡の二匹の蛇

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中