プラウトヴィレッジ

自治体運営で判断が難しいと予測されること

(中略)

④地元の植物資源からは採取できない資源、例えば鉱物や埋蔵資源が必要な時は、まず地球上の全員がその製品を手にした時に、どれくらいのその資源が残るかで判断する。形成に時間がかかるその埋蔵資源全体の50%が失われるのであれば、その案は却下になるだろう。それが全体の0.1%ほどの採取で事足り、さらに何度も再利用できるのであれば認められる可能性もある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中