宇宙の起源

タジキスタンのタフティ・サンギン遺跡の黄金比の建築

■紀元前300年頃

タフティ・サンギン遺跡はタジキスタンの南に位置する。ここのオクス神殿にも黄金比の比率が見られる。またこの神殿がT字になっているが、T字もトルコのギョベクリ・テペの石柱に見られるシンボルだった。つまりこの神殿もニンギシュジッダ作。

タフティ・サンギンのオクス神殿2

タフティ・サンギンのオクス神殿3

タフティ・サンギンのオクス神殿4

タフティ・サンギンのオクス神殿5

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中