プラウトヴィレッジ

2040年代の科学技術

【映像】
・3Dプロジェクターが小型化され、携帯電話の本体が必要なくなる。
・モーションキャプチャが一般人でも簡単に行えるようになる。それにより市民が考え出したオリジナルの動きのデータなどもアップされ、自由にダウンロードできる。
・自分のモーションキャプチャのデータを3D映像化し、プロの3D映像と対戦したりコラボしたりすることができる。

【その他】
・スマートフォンの能力が2017年代に比べ10億倍のパワーに進化する(by レイ・カーツワイル)。
・部分的に人間の能力をはるかに超えた人工知能が無数に組み合わさり、ロボット技術と組み合わさって、超知能を持ったスーパーロボットが活動している。ただ意識、自我は持っていない。
・人工知能の分析は人間の理解をはるかに超え、人間は人工知能の答えを謙虚に聞いている。
・成功へ導くリーダーの行動パターンを人工知能が学び、誰もが良い判断をしやすくなる。
・人工知能のDNA解析により、人類はあらゆる病を遺伝子編集で完治できるようになる。
・身体的特徴、性格、才能、病気の原因なども、生前生後の遺伝子編集で設計可能になる。
・寿命を伸ばす医療も発達する。体内にロボットを入れ超人間になることも可能になる。しかしそれは個人の判断となる。顔の整形に賛否両論あるように。
・文字情報、写真、動画などのデジタルデータはDNAに保存され、省スペースとなる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中