宇宙の起源

神話から見るカイラス山を作った者

チベット高原に位置するカイラス山の標高は6656m。
カイラス山(赤字)の地図


この山をヒンドゥー教ではリンガ(男根)として崇拝し、チベット仏教では須弥山(しゅみせん)と同一視される聖地。リンガ(男根)はシヴァ神の象徴で、どちらもニンギシュジッダを表すという結論だった。次の画像では片手をあげるポーズや三日月のシンボルも共通で見られる。

須弥山も「一なるもの」という結論だった。つまり各国に伝わる自然の景観とそれにまつわる伝承の共通点から、カイラス山もニンギシュジッダによって作られた山という結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中