宇宙の起源

インドネシアのセウ寺院、プランバナン寺院群

インドネシアのジャワ島にあるヒンドゥー教のセウ寺院(700年代後期)やプランバナン寺院群(890年頃)は、上空から見ると曼荼羅(マンダラ)の配置となっている。つまりこの寺院全体が「一なるもの」を表したデザインということ。

セウ寺院。 

 プランバナン寺院群。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中