宇宙の起源

乳海攪拌(にゅうかいかくはん)と各国の創成神話の共通点

・インドのヒンドゥー教の聖典マハーバーラタやラーマーヤナでは乳海(にゅうかい)。乳海攪拌(にゅうかいかくはん)は天地創造神話で、ヴィシュヌが多種多様の植物や種を乳海に入れることで、太陽、月、女神などが生まれる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中