宇宙の起源

チベット初の統一王国を樹立

■593年頃

ソンツェン・ガンポがチベット初の統一王国の吐蕃(とばん)を樹立し、チベットに初めて仏教を導入したとされる。チベット仏教の14世紀の王統明鏡史(おうとうめいきょうし)では、創成神話として「一なるもの」をただ際限のない空虚な空間と表現している。そこに十方(じっぽう)から風が起こり交錯(こうさく)しあって、十字の風といわれる風輪ができ、様々なものができていく。つまり各地の創成神話と同じタイプの話で、ニンギシュジッダによって文化が伝えられた国という結論になる。

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中