宇宙の起源

易経(えききょう)で「一なるもの」

古代中国の書物「易経(えききょう)」で「一なるもの」は太極(たいきょく)。太極は万物の根源であり、ここから陰陽の二元が生ずる。易経の著者は(ふっき)とされ、伏羲は2匹の蛇の体を持っていたのでニンギシュジッダという結論だった。

伏羲と女媧
伏羲と女媧

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中