茨城県の竪破山(たつわれさん)の巨石

竪破山(たつわれさん)にある巨石も隙間なく密着している。また太刀割石(たちわりいし)は、レーザーで切られたようになっている。さらに、丸い巨石は宇宙卵を表しているという結論だった。各神話にいくつか見られるパターンとして、宇宙卵(うちゅうらん)が2つに分かれて天地ができたとされている。他にも宇宙卵から空と大地、天と海と陸、太陽と月などが見られる。つまり丸い巨石の宇宙卵(うちゅうらん)が2つに分かれている場合は、天地創造を表している。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中