宇宙の起源

縄文時代の日本にニンギシュジッダが都市を作り始める

紀元前3000年頃の縄文時代中期から、縄文土偶や火焔(かえん)土器が盛んに見られる。これらには黄金比の渦模様も含まれ、つまりニンギシュジッダ作。縄文時代は紀元前13000年頃から紀元前800年頃まで続くが、大きく分けて2つの時代が存在した。この紀元前3000年頃がその節目で、ニンギシュジッダが日本で本格的に都市を作り出す時期。それまでの土器は簡素なデザインだった。 紀元前3000年頃 火焔土器 紀元前3000年頃 十字形土偶(青森県) 紀元前3000年頃 縄文のビーナス(長野県) 紀元前3000年頃 立像土偶(山形県) 紀元前2000年頃 中空土偶(北海道) 紀元前2000年頃 合掌土偶(青森県) 紀元前2000年頃 仮面の女神(長野県) 紀元前2000年頃 ハート形土偶(群馬県) 紀元前1000年頃 遮光器土偶(青森県) 紀元前7000年頃のニンギシュジッダ作のジグザグ模様がある縄文土器。 ここからは縄文時代前期後半の紀元前3500年頃からの縄文土器。ニンギシュジッダの黄金比や渦模様が見られる。 縄文時代の遮光器(しゃこうき)土偶にも黄金比や渦模様が見られ、すべてニンギシュジッダを表す。 紀元前3000年頃の縄文時代の「子抱き土偶」。東京都八王子市宮田遺跡から出土し、膝の部分に渦巻き模様がある。授乳するポーズもサバジオスの手の下部に見られ、ニンギシュジッダのシンボルという結論だった。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中