王冠と笏(しゃく)

シュメール神話に出てくる王権の象徴の王冠と笏(しゃく)は、ゾロアスター教の浮き彫りに見られる。最高神アフラ・マズダーからアルダシール1世とされる人物に授与される場面。結論的にはこの両者もニンギシュジッダを表し、ここに描かれているのは現実にあった場面ではなく作り話。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中