漢字の「木・林・森」

「木」の漢字は、十(十字架)と人(ひと)という漢字の組み合わせになっている。十字架に架けられた人はイエス・キリスト。キリストはニンギシュジッダという結論だった。樹木崇拝もニンギシュジッダ崇拝だった。つまり「木」もニンギシュジッダをシンボル的に表した文字。さらに「林」「森」も同じくニンギシュジッダを表した漢字。漢字はニンギシュジッダが考え出し、キリスト教の聖書の物語も表現されている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中