日本各地の巨人伝説とニンギシュジッダ

日本各地にも巨人伝承が残されている。地域によって呼び名も違い、ダイダラボッチ、オオヒト、ダイラボウ、アマンチュウなどがある。伝説としては「山や川、湖などを作った」「人間の暮らしを支えた」「足あとや手型を残した」など。日本各地からニンギシュジッダの女神像が出土していることも考えると、ダイダラボッチであるニンギシュジッダが、日本を地形を作ったという結論。ここにあげるのは一例。

◯富士山を作るため、甲州(山梨県北東部)の土を取って土盛りした。そのため甲州は盆地になった。

◯富士山を作るため近江(滋賀県)の土を掘り、その掘った跡地が琵琶湖となった。(上記の話も併せると、富士山は少なくとも琵琶湖と甲州の土を盛って造られた。またピラミッドでもある。)

◯上州(じょうしゅう:群馬県)の榛名富士(はるなふじ)を土盛りして作り、掘った後は榛名湖(はるなこ)となった。この榛名富士(はるなふじ)もピラミッド。

◯長野県大町市北部の青木湖、中綱湖(なかつなこ)、木崎湖(きざきこ)からなる仁科三湖(にしなさんこ)はいずれもダイダラボッチの足あとである。

◯茨城県水戸市中央部の千波湖(せんばこ)は、かなり大きいがダイダラボッチ(この地方ではダイダラボウと呼称)の足跡である。

◯遠州(えんしゅう:静岡県)の山奥に住んでいたダイダラボッチが子供たちを手にのせて歩いている時に、腰くらいの高さの山をまたいだ拍子に子供たちを手から投げ出してしまった。びっくりした子供たちとダイダラボッチは泣き出してしまい、手をついてできた窪みに涙が流れ込んで浜名湖となった。

◯小便をしようと飯野山(いいのやま:香川県中部)に足をかけた際に山頂付近に足跡が付いた。その小便の際に出来たのが大束川(だいそくがわ)といわれる。飯野山もピラミッド。

◯秋田県の横手盆地(よこてぼんち)が湖であったので干拓事業を行った際、ダイダラボッチが現れて水をかき、泥をすくったため工事がはかどった

●●●●●●●
参考文献

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中