大洪水後の復興

■紀元前1万400年頃

「シュメール神話の粘土板要約」
大洪水後の復興は進み、メソポタミアはエンリルとジウスドラの2人の息子シェムとヤフェットに割り当てられた。アフリカはエンキとジウスドラの次男ハムに割り当てられた。エンキは息子マルドゥクをアフリカの主にしたいと提案し、エンリルは了承した。この時、ニンマーの名前はニンフルサグに変わる。こうして人間も生命も数が増やていった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中