宇宙の起源

地球はカンブリア紀を迎える

■紀元前5億4200万年頃
この頃、地球ではカンブリア爆発と呼ばれる生物の多様化が起こる。突如として脊椎動物(せきついどうぶつ)をはじめとする今日見られる動物界のほとんどの分類学が出揃った時期。約1000万年の間に生物の種類を多く増やし、多くの化石が発見される。カンブリア紀の初めに硬い体の部分を持つ動物が突然現れただけでなく、地球上に存在していたすべての種類の動物の基本的な形状が同時に現れた。 この時期から地球上には様々な動物が現れ始める。自然な進化で誕生していったとも考えられるが、ニンギシュジッダという地球外生命体が地球の文明に関与していたことがわかった以上、その存在の関与も否定できない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中