宇宙の起源

古代核戦争

■紀元前2024年

「シュメール神話の粘土板要約」
メソポタミアでは、マルドゥク対エンリル側のニヌルタやネルガルの核戦争が起こる。その破壊と放射能汚染でメソポタミアは滅んだ。アブラハムは避難して、戦争に巻き込まれなかった。最終的にマルドゥクの勝利で終わり、バビロニアは放射能被害を免れた。

この出来事を旧約聖書の創世記19章では、次のように表している。「主はソドムとゴモラの上に天から主のもとから硫黄の火を降らせ、これらの町と低地一帯を町の住民、地の草木もろとも滅ぼした」

シュメール神話や旧約聖書の登場人物はニンギシュジッダをシンボル的に表したものなので、古代核戦争の記述も作り話という結論。しかし隕石や核爆弾など、何かが大爆発した出来事を象徴的に表した可能性はある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中