古代中国のニンギシュジッダ

興隆窪(こうりゅうわ)文化は中国の遼寧省(りょうねいしょう)周辺で、紀元前6200年頃から紀元前5400年頃に存在した。紀元前6000年頃の胸を触るニンギシュジッダの女神像も、興隆窪(こうりゅうわ)文化より出土している。

この興隆窪(こうりゅうわ)文化の墓地では、死者の男性2人とメスの豚一匹が横並びに埋葬されていた。この死者と豚は崇拝と犠牲の儀式の対象だった。この頃には中国にニンギシュジッダが現れ、文化と生け贄の儀式も教えていたということ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中