古代中国のニンギシュジッダの出土品

紀元前5400年から紀元前4500年頃の趙宝溝(ちょうほうこう)文化の小山遺跡からは、龍と思われる動物文様の土器が発見された。それは鹿と猪(いのしし)、それに鳥の頭を持った龍であった。すべてニンギシュジッダのシンボル。
趙宝溝文化の龍


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中