古代ギリシャのオリュンピア祭(オリンピック)

記録に残る最初のオリュンピア祭(オリンピック)が、古代ギリシャのオリュンピアで行われた。オリュンピア祭は、ゼウス(ニンギシュジッダ)の神殿が建てられた競技場(スタディオン)で開催された。 古代ギリシャのオリンポス山と、ギリシャ神話のオリュンポス十二神がオリンピックの語源。オリュンピア祭は最高神ゼウス(ニンギシュジッダ)に捧げられた。オリンピックにおいて選手たちはゼウス(ニンギシュジッダ)に宣誓し、彼に対して忠誠を誓う。こうして5日間の祭りで一つの神を拝み、結束した。 ニンギシュジッダであるアイオーンの胸には稲妻の道具があり、ゼウスの手にも雷が見られる。他の像では鷲(わし)のシンボルも見られる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中