宇宙の起源

南米アマゾンのヤノマミ族の夫選びの格闘技

密林で1万年以上、独自の文化・風習を守り続けているヤノマミ族は、南米アマゾンのブラジルとベネズエラの国境付近に約2万8000人住んでいるとされ、南アメリカに残った文化変容の度合いが少ない大きな先住民集団。

ヤノマミ族の女子は平均14歳で妊娠・出産する。出産は森の中で行われ、へその緒がついた状態(=精霊)のまま返すか、人間の子供として育てるかの選択を迫られる。精霊のまま返すときは、へその緒がついた状態でバナナの葉にくるみ、白アリのアリ塚に放り込む。その後、白アリが食べつくすのを見計らい、そのアリ塚を焼いて精霊になったことを神に報告する。ヤノマミの間ではこれを「子供を精霊にする」と表現する。また、寿命や病気などで民族が亡くなった場合も精霊に戻すため、同じことが行われる。

このアリ塚と精霊に戻す儀式は、西アフリカのマリ共和国のドゴン族の創世神話にも見られる。
「創造神アンマが最初に創りだした両性具有の人間から、男女各四人からなる八人が生まれ、それが八十人に増えた。この時期の人間には死の概念がなく、老いた最初の人間は大地の子宮であるアリ塚に戻されて、ノンモの力によって精霊となって天に昇った。」
ドゴン族の天地創造神話はニンギシュジッダによるものという結論だったが、つまり南米アマゾンのヤノマミ族にアリ塚と精霊になる知識を与えたのも、ニンギシュジッダということ。

ヤノマミ族にも神という概念があり、宗教はシャーマニズム。神に祈り、天界に帰す儀式などアイヌ民族のカムイノミやイオマンテと共通する。つまりヤノマミ族の神もニンギシュジッダであり、ニンギシュジッダによって与えられた信仰。

次の動画ではヤノマミ族の女性の夫選びの儀式で、女性同士がレスリングを行っている。対決前に両手を地面につけてから始めるのは、相撲の立会いに似ている。

相撲やレスリング似たスポーツはアジア、アフリカ、ヨーロッパに数多く存在している。例えばインドではクシュティ、トルコではヤールギュレシ、アフリカのカメルーンではドゥアラ相撲、スーダンではトゥーバタ、オセアニアのキリバスではカウンラバタ、ヨーロッパのブルガリアではブルガリア相撲、オランダではボルステルのように。
2450b-sumo1

1d0c3-sumo2

オセアニアの国々に見られる相撲と同様に、ヤノマミ族にレスリングを教えたのはニンギシュジッダ。この格闘技もシュメールの粘土板に見出せる。それはニビル王の座をめぐって、アヌとアラルが対決した部分。

「アラルは服を脱ぎ、アヌも服を脱いだ。裸で王族の2人は格闘を始めた。力強い闘いだった。アラルは膝を曲げ、地に倒れた。公平な格闘によりアヌがニビルの王位を獲得した。」

日本の相撲は神道と密接なつながりがあり、725年に諸国が凶作に見舞われ、聖武天皇は伊勢神宮をはじめ21社に神明加護の祈願を行った。すると翌年は豊作になったため諸社において相撲を奉納した。奉納とは神仏や精霊などに対して供物を捧げる宗教的な行為。つまりシャーマニズムや神道、相撲と奉納、世界各地の相撲やレスリング、先住民の立会いに手をつくレスリング、アヌンナキのアヌとアラルの格闘が、ニンギシュジッダ由来ということ。

このヤノマミ族の主な食物は、動物の肉、魚、昆虫、キャッサバなどで、料理用バナナやキャッサバなどの焼畑農耕もおこなっている。つまり焼畑農耕もニンギシュジッダ由来ということになる。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中