宇宙の起源

光背(こうはい)は太陽神ニンギシュジッダのシンボル

光背(こうはい)とは、神や聖人から発せられる光。例えばイエス・キリストと聖母マリアはニンギシュジッダという結論だったが、頭の後ろに丸い光背が見える。聖母マリアが抱えているのは子供時代のキリスト。光背の中の十字もニンギシュジッダのシンボル。

受胎告知の天使ガブリエルと聖母マリアにも光背が見られる。

ニンギシュジッダのシンボルの三叉槍(さんさそう)はインドのシヴァの武器で、三叉槍(さんさそう)は中国の道教の三清(さんせい)を表す。三清(さんせい)もニンギシュジッダという結論だったが、元始天尊(げんしてんそん)、霊宝天尊(れいほうてんそん)にも光背がある。

雷神・天候神であるインドラや、シヴァの異名ナタラージャにも光背が見られる。どちらもニンギシュジッダ。

日本の薬師如来像(やくしにょらいぞう)や釈迦三尊像には、黄金比の曲線や渦模様が見られる。つまり光背、黄金比、如来像など全てニンギシュジッダのシンボル。どちらの像も上部の尖った大きな光背を持ち、頭の真後ろに正円の小さな光背がデザインされている。つまり2つの種類の光背が一対になったパターン。そしてこの像もニンギシュジッダが作ったという結論。
薬師如来像釈迦三尊像

仏教の五大明王も阿弥陀如来もニンギシュジッダという結論だったが、光背を持っている。左の画像の中心にいる不動明王は、正円と炎の2つの光背の組み合わせ。

五大明王の中心となる不動明王のように光背が炎の時もあれば、仏陀とヴィシュヌとナーガラージャのように光背が蛇の姿で表されることもある。

古代エジプトでは、ニンギシュジッダのシンボルの有翼円盤や蛇の紀章ウラエウスに、太陽が装飾されている。

この同じ太陽は、鳥の顔を持つホルスやイシスの頭にも装飾されている。エジプトのこれを基準にするなら、光背(こうはい)は太陽の象徴ということ。

光背はフリーメイソンのシンボルのプロビデンスの目にも仏陀にも見られ、太陽神としての光を表している。目もニンギシュジッダのシンボルという結論だった。プロビデンスとはキリスト教で「すべては神の配慮によって起こっている」の意味。日本語では「神の意志」と呼ばれる。フリーメイソンの始祖はニンギシュジッダで、光背もニンギシュジッダを表し、そこに描かれた目もニンギシュジッダの目。キリスト教の言葉に当てはめると、「すべてはニンギシュジッダ(一なるもの=神)の配慮によって起こっている」。

次の画像は、1300年頃の「東方三博士(さんはかせ)の礼拝」の絵。ベツレヘムの星は東方の三博士にイエス・キリストの誕生を知らせ、ベツレヘムに導いたとされる。つまり光背を持つ三博士(さんはかせ)もニンギシュジッダの象徴。
東方の三博士