中国の青銅器

中国の青銅器文化は紀元前2000年頃から。夏(か)王朝と殷(いん)の青銅器の細かい文様を正確に鋳造(ちゅうぞう)する方法は、現代の技術でも十分には解明されていない。下の画像は紀元前1000年頃の酒器。渦模様も見られる。 黄金比、渦模様、フクロウのシンボルでニンギシュジッダ作。 フクロウはバビロニアの女神イシュタルにも見られ、イシュタルはニンギシュジッダという結論だった。

下の図の青銅器には黄金比はない。しかし細かな模様の作り込みやデザインがフクロウの青銅器と同じであることから、ニンギシュジッダ作と考えられる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中