宇宙の起源

中国と日本の銅鐸(どうたく)

銅鐸(どうたく)も青銅器。渦模様、黄金比、ジグザグ模様が見られるので、ニンギシュジッダ作。 三重県の銅鐸。 上の銅鐸(どうたく)の渦模様の下にイノシシが彫刻されている。イノシシもギョベクリ・テペの石柱にも見られる。つまりニンギシュジッダのシンボル。

ジグザグ模様と渦模様。 ジグザグ模様と菱形模様。 このように古代中国の銅鏡、銅鐸、ピラミッドもニンギシュジッダ作という結論。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中