ヴィンチャ文明

■紀元前5700年

紀元前5700年から紀元前4200年頃まで、ヴィンチャ文明が起こる。

ヴィンチャ文明の土偶と日本の縄文土偶はポーズやデザインが似ていて、どちらもニンギシュジッダを表している。共通点は、胸が出ている、手を広げてT字のポーズ、下半身が太い、脇の下に空洞があるなど。

T字はギョベクリ・テペの石柱でも見られ、ニンギシュジッダのシンボルという結論だった。

左はヴィンチャ文明、右は縄文土偶。

次の4つの像はすべてヴィンチャ文明。一番左の像は授乳しており、エジプトのイシスとホルスの像やインドのクリシュナとヤショーダの像などと同じポーズ。つまりニンギシュジッダを表す。

ヴィンチャ文明


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中