メソポタミアのエリドゥの黄金比

■紀元前5400年頃

この頃、中東に都市が存在した。トルコのチャタル・ヒュユク、パレスチナのエリコのテル・エッ・スルタンの遺丘、メソポタミアのエリドゥなどである。

 エリドゥのテル・アブ・シャハライン遺跡は外枠に若干の歪みがあるが、黄金比の比率を見ることができるので、ニンギシュジッダ作。小部屋の大きさも黄金比で、大外の黄金比の中にできる小さな黄金比の大きさになっている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中