メキシコのマヤ文明

マヤ文明の遺跡チチェン・イッツァでも、ニンギシュジッダのシンボルが見られる。ボールコートと戦士の神殿には、多角形の石積みと蛇の頭像がある。

ククルカンの神殿には2匹の蛇の頭像。階段側面の蛇の体がジグザグになっている。ジグザグもニンギシュジッダのシンボルという結論だった。

戦士の神殿もニンギシュジッダの黄金比の比率で設計。

グアテマラ北部、マヤ文明の祭祀センターのサン・バルトロの壁画にも、黄金比の渦模様が見られる。

こういったことから、マヤ文明にある無数のピラミッドもニンギシュジッダ作という結論。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中