宇宙の起源

メキシコのアステカ神話のケツァルコアトル

メキシコでニンギシュジッダは、ケツァルコアトルと呼ばれる。

ケツァルコアトルは農耕神、トウモロコシの提供者、死と復活の象徴、風の神、金星の神、明けの明星などの象徴で、処女である母チマルマンから生まれた。ケツァルコアトルにも黄金比が見られる。
dc894-52525e32525822525b12525e32525832525842525e32525822525a12525e32525832525ab2525e32525822525b32525e32525822525a22525e32525832525882525e32525832525ab2525e72525a525259e252

またアステカ神話の神エエカトルは風の神で、ケツァルコアトルの一側面。さらに神ショロトルはケツァルコアトルの双子。犬の姿をしたマヤ族の雷獣、死と嵐と稲妻と火の神。また螺旋状の風の神、巻貝などを身につけ、骸骨(がいこつ)の姿としても描かれた。

神トナティウは太陽神で、手に有翼円盤を持ち、鷲の羽根飾りを身にまとっている。つまりこれらはすべてアステカ神話は、ニンギシュジッダの象徴で作られている。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中