マヤ文明の出土品

マヤ文明の出土品にも、ニンギシュジッダのシンボルが見られる。例えば胸を触る女神像。

79777-425e32583259e25e3258325a425e62596258725e62598258e25e3258125ae25e3258225a425e32583258a25e3258325b325e32583258a25e52583258f

次の左の画像は、マヤ文明の子供を前向きに抱く女神像。同じものは北アメリカのトーテムポールやトルコのギョベクリ・テペでも見られる。これらはニンギシュジッダのシンボルという結論だった。

マヤ文明の八芒星や渦模様。

マヤの八芒星4

メソポタミアのニンギシュジッダのシンボル表。左上に八芒星。

マヤ文明の1匹の蛇と渦模様。背面の八芒星。
66d20-e3839ee383a4e381aee89b87e3838ae382a4e38395

マヤ文明の宇宙船。
宇宙船1宇宙船2宇宙船3

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中