ペルーのカブレラストーン

南米ペルー南部のイカからは、カブレラストーンが出土している。これは紀元前1万年より前に作られ、恐竜と人間が描かれた石。 ここでも1匹の蛇が棒に巻きついたデザイン。ギリシャ神話のアスクレピオスの杖とアイオーンと同じデザイン。また六芒星も見られることから、これもニンギシュジッダのシンボルということ。

その他のカブレラストーン。 ナスカの地上絵の猿と同じデザインのカブレラストーン。猿には渦模様が見られる。つまりナスカの地上絵もニンギシュジッダが描いたということ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中