宇宙の起源

パキスタンの大都市モヘンジョダロ

■紀元前2700年頃

モヘンジョダロの大浴場も黄金比の比率で柱や通路の幅が設計されている。つまりニンギシュジッダ作。

モヘンジョダロ出土の神官王の王冠にも、二本の纓(えい)がついている。同じ王冠は縄文土偶、天皇、ゾロアスター教のアフラ・マズダー(ニンギシュジッダ)、キリストの磔(はりつけ)の絵に描かれた人物にも見られる。

モヘンジョダロの胸を触るニンギシュジッダの女神像。

インダス文明のモヘンジョダロの女神像(紀元前2500年頃)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中