ニンギシュジッダのシンボルの松ぼっくりを持つ神

古代ローマの神アイオーンの足下には2匹の蛇、ニワトリ、松ぼっくりが見られ、これがニンギシュジッダの象徴という結論だった。その松ぼっくりを持つ神も様々な場所や宗教で見られる。

メソポタミアでも、ハンドバックを持つ人物の反対の手に松ぼっくりも見られた。ハンドバックも松ぼっくりもニンギシュジッダの象徴。

ギリシア神話では、テュルソスという松ぼっくりを先端につけた杖が登場する。古代ギリシアの宗教においてこの杖は、ディオニュソスとその信者が持っていた。ローマ神話ではバックスと呼ばれ、ローマ神話のワインの神。

杖テュルソスとブドウのシンボルが描かれた浮彫りがある。ここにはタニト、三日月、太陽などもあり、ニンギシュジッダのシンボルをまとまっている。

杖テュルソスは時に、壺(つぼ=カンタロ)と呼ばれるワインを飲むための陶器とも関連付けられ、これもニンギシュジッダの象徴ということ。壺は日本で言えば飲み物を入れる容器のピッチャー。ディオニュソスもこの壺(カンタロ)とともに描かれている。

ギリシアのアテナイのアクロポリスには、ディオニュソス劇場がある。1万5千人以上を収容でき、紀元前6世紀頃の建造物とされる。紀元前4世紀(ローマ時代)に改築された当時のものが現在でも残っており、ディオニュソスの生涯をモチーフとした浮き彫りなども見ることができる。この劇場は、毎年春の大ディオニュシア祭において、ディオニュソスに捧げる悲劇(ギリシア悲劇)を上演するために用いられた。つまり、ニンギシュジッダ劇場でニンギシュジッダ大祭りが開かれているということ。

ギリシア神話、ローマ神話のマイナスは、ディオニュソス、バックスの女性信奉者。彼女も松ぼっくりのついた杖テュルソスを持ち運んでいる。

イタリア・ローマのナヴォーナ広場には、ライオンが松ぼっくりを加えた彫刻が見られる。どちらのシンボルもニンギシュジッダを表している。

サバジオスはフリギアやトラキアの神で、ギリシアのディオニュソスやその前身のザグレウスと同一視され、ゼウス、アッティスとも同一視された。サバジオスの像には松ぼっくり、鷲(わし)、アスクレピオスの杖が見られ、すべてニンギシュジッダのシンボル。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中