ニンギシュジッダのその他のシンボル

2匹の蛇以外にも数多くのシンボルが存在し、このシンボルを理解すると各国の古代の出土品の多くが、ニンギシュジッダのシンボルでデザインされていることが見えてくる。例えば紀元前3000年頃のイランのジーロフト文化では、2匹の蛇が絡まったデザインの石のハンドバックが見つかっている。

このハンドバックの彫刻には他にも、角のある2頭の牛、2匹の蛇と鷲(わし)、2羽の鷲(わし)、人物とサソリとヒョウのような動物、蛇のような下半身と角のある人物、などの彫刻が見られる。これだけを見れば、この彫刻がニンギシュジッダのシンボルであるかは判別がつきにくいが、次にトルコのギョベクリ・テペの石柱を見ると、これらが共通のシンボルであることが徐々に見えてくる。


紀元前1万年頃のトルコのギョベクリ・テペの石柱にも、シンボルが数多く彫刻されている。ジーロフト文化と共通しているのは、右上の2匹の蛇、ハンドバック、鷲(わし)、サソリ。他にも1匹の蛇、ハンドバックの右下のH型の模様、犬、トキ、小さなトカゲ、上部のジグザグ模様などの彫刻が見られる。

ギョベクリ・テペの石柱。ニンギシュジッダのシンボルが描かれている。

2匹の蛇は、古代エジプトの有翼(ゆうよく)円盤でも見られる。真ん中の太陽の左右に2匹の蛇がおり、翼も彫刻されている。

有翼円盤は鷲(わし)の翼で、これと同じデザインの鷲(わし)の装飾品も、エジプトで見つかっている。この鷲(わし)もジーロフト文化のハンドバックと似たデザイン。

次の左の画像の装飾品では、スカラベという昆虫を真ん中に置いた有翼円盤が見られ、その上にホルスの目、その上に上向きの細長い三日月のデザインが見られる。またこの画像では見えづらいが、このホルスの目の左右とスカラベの左右に、蛇の紀章ウラエウスが2つずつ見られる。右側の画像が蛇の紀章ウラエウス。つまり2匹で一対の蛇が2ヶ所。つまりここに見られるデザインも全てニンギシュジッダのシンボル。

ギョベクリ・テペやジーロフト文化のハンドバッグと鷲(わし)、エジプトの有翼円盤と鷲(わし)が同時に見られるのがメソポタミア。ハンドバックを持った鷲(わし)人間が2人左右にいて、中央上部に人が乗った有翼円盤が見られる。つまりこの鷲(わし)人間はニンギシュジッダということ。鷲(わし)人間が2人いるが、これは実際あった出来事を描いているのではなく、全てニンギシュジッダのシンボルで描いたデザイン画。
メソポタミア1

ハンドバックを持つニンギシュジッダは鷲(わし)人間以外にも、普通の人間の顔としてや魚の格好をしたアプカルルという姿でも描かれ、有翼円盤も一緒に見られることがある。つまり全てニンギシュジッダのシンボル。シュメール神話で魚の服は、ニビルの服装とされている。アプカルルは古の賢聖であり、人々に知恵を授けたとされる。またオアンネスという魚人も人間たちに各種の文化を教えたとされ、シュメールのエンキ(エア)と同一視されている。つまりエンキもニンギシュジッダと同一神。次の一番右の画像の2人のアプカルルの体と、その間の生命の樹には交差した斜線による菱形模様が見られる。これもニンギシュジッダのシンボルの一つ。

このハンドバックを持つニンギシュジッダの腕に、16枚の花弁(はなびら)がついたシンボルが見られる。これと同じものが日本の天皇と皇室の菊花紋(きっかもん)で、同じく16枚の花弁がある。天皇、神道(しんとう)、神社もニンギシュジッダが由来だからである。

メソポタミアの鷲(わし)人間であるニンギシュジッダは片手にハンドバックを持ち、反対の手に松ぼっくりを持っている。この松ぼっくりもシンボルの一つということ。

Sacred-Tree-Pine-Cone-Fertilization-Anunnaki-Reptilian-Hybrid-DNA-12-Strand-Genetic-Mesopotamia

また一緒に描かれている真ん中の木はナツメヤシでできた「生命の樹」といって、これもニンギシュジッダのシンボルの一つ。樹木信仰も世界中で見られ、イチジク、オリーブ、オーク、トネリコ、キスカヌ、インドボダイジュの樹などが宇宙樹や世界樹として崇められている。つまり樹木崇拝もニンギシュジッダ崇拝ということ。

メソポタミアによく見られる松ぼっくりのシンボルは、古代ギリシャ・ローマ時代の「サバジオスの手」の親指にも見られる。この手も数種類あるが、それぞれにシンボルがいくつかまとまっている。

サバジオスの手にも2匹の蛇の杖カドゥケウスが見られ、これもニンギシュジッダのシンボルがまとめられたものということが見えてくる。

また手の上に乗るサバジオスの頭には、三日月も見られる。

サバジオスの手で見られるトカゲは、ギョベクリ・テペの石柱でも見られる。

この他にも1匹の蛇、鷲(わし)の足、カエル、亀、山羊、天秤、授乳しながら寝そべる女性など無数にあり、それぞれのシンボルが各国の出土品で見られる。

サバジオスの手00

サバジオスは人物像としても見つかっていて、ここにも松ぼっくりと鷲(わし)が見られる。このサバジオス自身もニンギシュジッダのことであり、このように場所や宗教が変わると、登場する姿を変えているのも世界共通。

さらにこのサバジオスの像の左手には、木の棒に巻きついた1匹の蛇が見られる。これはアスクレピオスの杖。つまり杖に1匹の蛇はアスクレピオスの杖、杖に2匹の蛇はカドゥケウスで、2種類ともニンギシュジッダのシンボルということ。

1匹の蛇と2匹の蛇を同時に見れるのがニンギシュジッダであるアイオーン。足元に2匹の蛇の彫刻、下半身から頭頂にかけて1匹の蛇が巻きついている。

f5d21-022525e32525822525a22525e32525822525a42525e32525822525aa2525e32525832525bc2525e32525832525b3252528aion25252925253d2525e325258325258b2525e32525832525b32525e32525822525a

紀元前1120年頃のメソポタミアのバビロニアの石にも、ニンギシュジッダのシンボルがまとまっている。ここでは1匹の蛇、三日月、2頭のライオンの顔、鳥、亀、サソリがこれまで見てきたシンボルと重なっている。

上の画像の下から2段目の弓矢を持つ人物は、別の場所で有翼円盤に乗った人物としても見られる。つまり弓矢と有翼円盤とその人物もニンギシュジッダのシンボルということ。次の左の画像の弓を持った人物は、メソポタミアの都市アッシュールを守護するアッシュール神。右の画像の有翼円盤はアケメネス朝ペルシャの都市ペルセポリスのもので、ゾロアスター教の守護霊プラヴァシが描かれている。これはこの世の森羅万象に宿り、あらゆる自然現象を起こす霊的存在とされている。森羅万象に宿るとは日本の神道の八百万の神とも共通する。あらゆる自然現象を起こす存在ということも、ニンギシュジッダや虹蛇などの雨雲、雷、嵐と共通している。つまりアッシュール神もプラヴァシもニンギシュジッダのこと。

次のペルセポリスの有翼円盤の彫刻の下部に見える菱形(ひしがた)の装飾は、トルコのギョベクリ・テペの石柱にも見られる。つまり菱形の装飾とその下のウエイト(重し)もニンギシュジッダのシンボル。

このウエイト(重し)のシンボルは、フリーメイソンのトレーシングボードの周囲に見られる。

また雨を表す日本のしめ縄から垂れ下がるワラもこのウエイトと同じデザインで、ニンギシュジッダのシンボルということ。しめ縄

次のメソポタミアの円筒印章(えんとういんしょう)には、有翼円盤、三日月が見られ、真ん中に生命の樹らしい植物があるので、これがニンギシュジッダのシンボルで描かれていることがわかる。

この上の円筒印章の有翼円盤の左に7つの星があり、右端に八芒星(はちぼうせい)が見られる。これも次のメソポタミアの出土品にシンボル図としてまとまっている。この図を持っているライオンもニンギシュジッダの象徴。アイオーンがライオン顔だったり、ジーロフト文化のハンドバックにも2頭のライオンが描かれていた。このライオンの顔の下に八芒星が、同じ段の右端に7つの星が見られる。この図にはこれまで見てきた有翼円盤、三日月、魚の格好をしたアプカルル、弓矢なども見られる。
ライオンが持つシンボル

別のメソポタミアの浮き彫りでは、左上に三重冠、有翼円盤、三日月、2本の角、八芒星の5つのシンボルが見られ、この人物がニンギシュジッダであることがわかる。さらに胸のところに十字があり、左手には丸い玉がついた杖を持っている。これもシンボルということ。

この丸い玉の杖とザクロを持つ人物の浮き彫りや、有翼円盤に入った人物がザクロを持つ浮き彫りもある。つまりザクロもシンボルの一つ。

このザクロもフリーメイソンのシンボルであり、柱の上のザクロがボアズ(BOAZ)とヤキン(JACHIN)という名で呼ばれている。これはフリーメイソンのトレーシングボードや、ソロモン神殿の入り口で見られる。つまりどちらもニンギシュジッダ由来ということ。
ボアズとヤキン
ソロモン神殿

次のメソポタミアの浮き彫りでは、三日月の中に12芒星が見られ、下の方にはハシゴもシンボルとして見られる。これもニンギシュジッダのシンボルとなる。

梯子(はしご)は旧約聖書ではヤコブの梯子(はしご)としても登場するが、フリーメイソンのトレーシングボードでも見られる。トレーシングボードとは完全への道のりをシンボルで示す霊的案内図とされている。ここでいう完全とは「一なるもの」やそれと同一のニンギシュジッダのことで、仏教で言えば「悟り」。また中国の伏犠(ふっき)と女媧(じょか)は2匹の蛇で、フリーメイソンのコンパスと直角定規を手に持っているという話だった。フリーメイソンはシンボルを多用するが、それがニンギシュジッダ由来ということ。ここでは三日月と太陽も共通して見られる。太陽と月、陰と陽、男女のようにニンギシュジッダの両性具有の性質も表している。左の画像の三日月の周囲に、7つの星が見られる。7つの星もニンギシュジッダのシンボルという結論だった。

この上のフリーメイソンの画像の床は白黒になっていて、左側は四角のマス目、右側は菱形のデザインになっている。菱形はギョベクリ・テペでも見られ、ニンギシュジッダのシンボルという結論だった。四角のマス目もタヨス洞窟の2匹の蛇がいる出土品で、右上あたりにデザインされている。つまりフリーメイソンの白黒の床もニンギシュジッダのシンボルということ。

このように2匹の蛇からつながっていく無数のシンボルを理解していくと、世界中の文化にニンギシュジッダが関係していることが見えてくる。そしてイエス・キリストとキリスト教の悪魔バフォメットの手が、どうしてサバジオスの手と同じ形で描かれているのかも見えてくる。聖母マリアに抱かれた幼い時のキリストの絵も、同じ手の形をしている。バフォメットは山羊の顔で、体には2匹の蛇の杖カドゥケウスも見られる。さらに日本の仏像にも三日月と太陽が装飾されていたり、メキシコでも松ぼっくりを持つ像が見られる。シンボルを理解すると、こういった古代の謎が解けてくる。

ffce0-1625e625b3259525e9259a258625e525af25ba25e3258125ae25e92587259125e525a0258225e3258125ae25e92587258825e825bf25a625e425b8258925e525b0258a25e52583258f25e325812


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中